ITを使った化学操作、実験器具の知識の効率的な獲得方法

この記事は2分で読めます

特許翻訳において
特に化学系の明細書を訳しているときに
「スポイトで~」とか
「エバポレーターで~」など
というように
化学操作や実験器具のイメージを
明細書を読んでいる最中に持ちながら
翻訳をしないとダメなのですが
今回はその化学操作や実験器具の知識
の効率的な獲得方法について記事を書いてみたいと思います。

まず、
化学操作の知識を動画や書籍などで
得て欲しいのですが
その際に役立つのが以下のHPと書籍です↓。

化学実験操作法 動画資料集(京都大学のHP)
http://www.chem.zenkyo.h.kyoto-u.ac.jp/operation/

基礎有機化学実験 第3版―その操作と心得

71SqmjJ9lOL

実験を安全に行うために

41CLpU2domL

続 実験を安全に行うために

415ITrNmNPL

(画像をクリックするとAmazonに飛びます)

まずは上のリンクの京大のHPの動画を全て見てから
書籍を読んでいくとイメージしやすいのではないかと思います。
また一気に全ての書籍を読まなくても
実験器具や化学操作が出てきたら
その都度上の書籍を参照して確認していくというのでも
勉強中であれば十分知識を獲得できると思います。


あと、
化学操作や実験器具というのは
実際に見てみたり操作してみたりするのが
一番イメージがわくと思うのですが
実際には実験器具などを扱ったり
使用したりできる環境の人の方が
珍しいと思いますので、
ITを使った化学操作、実験器具の
シミュレーション方法について
解説してみたいと思います。
その際に使うのがマイクロソフトオフィスのパワーポイントと
パワーポイント用のアドオン↓です。

化学実験器具図を作成するPowerPointアドインソフト
http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/edu/se484183.html

このアドオンを使えば
例えば↓の画像のように自由に化学操作のシミュレーションをし放題です。

jikken

使い方は
まず上のリンクから
アドインをダウンロードした後に、
パワーポイントを立ち上げて、
「オプション」を選択し↓、
powerpoint1
続いて「アドイン」を選択して↓、
powerpoint2
「管理」から「PowerPointアドイン」を選択して↓、
powerpoint3
「設定」を選択↓、
powerpoint5
アドインの「新規追加」を行い↓、
powerpoint7
上でダウンロードしたアドインがチェックされているのを確認したら↓
powerpoint12
あとはバンバン実験器具を追加していって
シミュレーションするだけです↓。
powerpoint9
powerpoint10


こんな感じで最後にまとめますと、
特許明細書(特に化学の関係するもの)においては
化学操作、実験器具のイメージをしながら
明細書を読んで翻訳するというのが
特許翻訳において重要であり、
その知識を獲得するために
上で紹介したHPや書籍
パワーポイントのアドインを使うと
効率的に知識を獲得できるということでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

期間限定!副業で月収30万円、専業で年収1000万円稼げる【世界一ハードルの低い翻訳家養成講座】

 期間限定!副業で月収30万円、専業で年収1000万円稼げる【世界一ハードルの低い翻訳家養成講座】

メルマガ登録フォーム(副業で月収30万、専業で年収1000万円稼ぎたい方、翻訳で稼ぐ方法教えます!)

【在宅英語起業】1日1時間から始められる月収30万の副業、専業なら1000万稼げる在宅英語起業の情報はこちら!

【在宅英語起業】1日1時間から始められる月収30万の副業、専業なら1000万稼げる在宅英語起業の情報はこちら!

海外情報を翻訳するメディア(なんでも翻訳部。)を運営中!遊びに来てね!