根強い「国民の不平不満を封じるための学歴、偏差値至上主義」洗脳

この記事は2分で読めます

前の記事でも書いたとおり日本ではまだ
「良い大学へ行く→大企業に入る=エリートコース=良いこと」
というのが常識というか洗脳みたいなものが
根強く残っていると思うのですが、
これは「勤労所得」という形で企業が従業員を雇って終身雇用するのが安上がり
だからという理由で昭和初期の頃から(GHQ主導で?)導入されたものらしいです。
 
そこで大企業に入れなかった者や多くの勤労所得を得られない者の
不平不満をどう抑えるかというので「学歴、偏差値」というものが
(これもGHQ主導で?)導入されたんだとか。
(学歴が低い者に対して「お前は頭悪いから、努力しなかったからしょうがない
という洗脳で不平不満を押さえ込んでおく
 
これは今の東芝やシャープなどの大企業の惨状を見てみると
この体制はもう崩壊しつつあると言っていいんじゃないでしょうか。
 
こういう学歴至上主義、偏差値至上主義に毒された人というのを
自分は幼少期からたくさん見てきて、
しかもおそらくその影響というか洗脳を受けていままで生きてきました。
 
ちょっと自分の過去の話をしますと、
自分が過去に言われたことですごい違和感を覚えたことに
(自分がサッカーが好きということもあるのですが)
中田英寿(みたいなスポーツ選手)は勉強の出来ないただのアホだ
というのがあります。
これは中学校の時の塾の先生に言われたことなのですが、
当時中田英寿選手というのはセリエAという世界最高のプロリーグで
(今はセリエAは凋落して世界最高ではなくなっているんですが)
デビュー戦で2得点という鮮烈デビューを果たし、
しかもその当時世界最高のリーグでアジア人で初のリーグ優勝を果たしています。
この塾の先生というのは完全に学歴至上主義に毒された人だったようで
「良い高校、良い大学へ入れ、勉強しろ」
とずっと言っていました。
まあそれは完全に間違いとは言えないとしても、
「当時世界最高のプロサッカーリーグで成功する(リーグ優勝する)」
ことの難しさよりも
その先生にとっては
「勉強ができる」
ことの重要性の方が大事だったのです。
ちなみに中田選手は英語もイタリア語もぺらぺらですし
決して勉強ができないとかではないのですが、
その学歴至上主義の塾の先生からすると

良い大学、企業へ行ってない=アホ

良い大学、企業へ行く>>>>>>>>世界最高の舞台(セリエA)で活躍する

というかなり歪んだフィルター、価値観で世の中を見てるんだなあと
完全にGHQの「学歴、偏差値至上主義」という洗脳にかかると
こんなわけのわからん考え方になってしまうんだなあと
子供ながらに(当時はGHQの洗脳とか知りませんでしたが)思った記憶があります。
 
この塾の先生を見ると明らかなように
今までの日本の「学歴至上主義、偏差値至上主義」という洗脳は
かなり色濃く、強烈なものであることと、
現在の日本の大企業の惨状を鑑みるに、
この体制も崩壊しつつあり、こうした洗脳から早く解けた方が良いのではないかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

期間限定!副業で月収30万円、専業で年収1000万円稼げる【世界一ハードルの低い翻訳家養成講座】

 期間限定!副業で月収30万円、専業で年収1000万円稼げる【世界一ハードルの低い翻訳家養成講座】

メルマガ登録フォーム(副業で月収30万、専業で年収1000万円稼ぎたい方、翻訳で稼ぐ方法教えます!)

【在宅英語起業】1日1時間から始められる月収30万の副業、専業なら1000万稼げる在宅英語起業の情報はこちら!

【在宅英語起業】1日1時間から始められる月収30万の副業、専業なら1000万稼げる在宅英語起業の情報はこちら!

海外情報を翻訳するメディア(なんでも翻訳部。)を運営中!遊びに来てね!