最近の仕事で訳しにくかった単語とその対処法

この記事は2分で読めます

最近仕事で訳すのに苦労した単語と
それを訳すのにどうやってコンテクストから
確定したかを記事に書いてシェアしてみたいと思います。

その訳しにくかった単語とは
「briefly」
です。
この単語の意味は辞書で調べると
1,「簡潔には、」
2,「短い間、しばらくの間」
というおおまかに二つの意味を持った副詞です。
自分がなぜこの単語を訳しにくかったかというと
文章を上からコンテクストを追って訳していても
この「briefly」が入っている文章を見ると
上の1,2のどちらの意味が入っても文章的に
意味が通るため、
1,2のどちらの意味を当てはめるべきか
上から読み進めたコンテクストからだけでは
確定できなかったからです。

そこでどうこの訳語を確定したかというと、
上からのコンテクストでは確定できないため
そのまま「この単語は訳語を確定できない」というのを
メモしてペンディングしておいて
とりあえず読み進めるということをしました。
すると、
「During this brief period of~」
という文章が出てきました。
「this」というのは前の「briefly」というのを受けており、
「brief period」というので後ろに「period」というのが
入っていることから
これは「この短い間、」という意味だとわかり、
その前の「briefly」も上の辞書で調べた意味でいうと
2,の「短い間、しばらくの間」だとわかって
ペンディングしておいた「briefly」が「短い間」だと
訳語を確定できました。

ここで何を言いたいのかというと
「文章を上から読み進めた上からのコンテクストだけでは
訳語を確定できないことがある」
ということです。
そのときに今回自分がやったみたいに
「文章の続きを読んで下からのコンテクストから
訳語を確定する」
ということを覚えておくと、
今回の自分の「briefly」の場合と同じように
上から文章を読み進めただけでは
なかなか訳語を確定出来ない場合があっても
「下からのコンテクストで訳語を確定できる」
ということです。

最後にまとめますと
「briefly」
1,「簡潔には、」
2,「短い間、しばらくの間」
というような複数の訳語がある単語で、
しかも上からのコンテクスト理解だけでは
どちらの訳語も当てはまりうる場合、
ちょっと先を読み進めて
「下からのコンテクスト理解」で
訳語を確定出来る
という話でした。
今回の記事が少しでも翻訳の仕事のお役に立てば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

期間限定!副業で月収30万円、専業で年収1000万円稼げる【世界一ハードルの低い翻訳家養成講座】

 期間限定!副業で月収30万円、専業で年収1000万円稼げる【世界一ハードルの低い翻訳家養成講座】

メルマガ登録フォーム(副業で月収30万、専業で年収1000万円稼ぎたい方、翻訳で稼ぐ方法教えます!)

【在宅英語起業】1日1時間から始められる月収30万の副業、専業なら1000万稼げる在宅英語起業の情報はこちら!

【在宅英語起業】1日1時間から始められる月収30万の副業、専業なら1000万稼げる在宅英語起業の情報はこちら!

海外情報を翻訳するメディア(なんでも翻訳部。)を運営中!遊びに来てね!