書評:「武器としての書く技術」 by イケダハヤト

この記事は2分で読めます

71BJFobaBLL._SL1500_

(画像をクリックしたらAmazonに飛びます)

以前にこの本を読んで自分が今までに思っていた
「ブログを書く」という行為について
イメージが変わったり、
アドセンスやアフィリエイトのやり方を覚えたり、
ブロガーとして第一線で活躍してるイケダハヤトさんが
どのように文章を書く工夫をしているかなどがわかったので
今回はこの本の書評を書いてみたいと思います。

自分がこの本で一番印象に残ったフレーズは
「書くことは癒やしである」
というフレーズです。
これはどういうことか説明しますと、
「書く」ことで
書き手は自分の中の体験やモヤモヤや感情などを
発表して吐き出すことで癒される。
で、
それを読んだ人も
「ああそういうこともあるのか」とか
「そんな感じ方をする人もいるんだな」とか
と他人の意見や体験について納得したり、
知識を得たりなどして癒される。
「書く」という行為はペンと紙(今ならネット?)さえあればできることだけど
書き手も読み手も癒されると考えれば
素晴らしいじゃないですか。

自分も最初は何かブログを書くということに対して
「自分みたいな者が記事を書いてもいいのだろうか」というような
抵抗感みたいなものがあったのですが
このフレーズを読んだときに
「書く」というのは「書き手」にも「読み手」にも
メリットになるまさにWin-Winの関係なんだなというのを納得して、
今では自分がブログ記事を「書く」ということで
何かカタルシスのようなものを感じて「癒やされているな」と感じていますし、
たまに他の方のブログを見たときに
自分の情報とか意見を参考にしてくださっている方もいたりして
自分のような者が書いた記事でも
読んでくれた方に少しは役に立っているのだなとしみじみ思い、
この「書き手」にも「読み手」にもメリットがあるという
Win-Winの関係を実感しています。

ですので、
過去の自分のように
何か「ブログを書くのに抵抗感がある」という方は
上のフレーズを思い出していただいたり、
もし時間があればこの書籍を読んでみるのをおすすめします。
他にもブログの書き方についても書いてありますので、
(最後まで読まないと結論が分からないのはダメとか
1記事に付き1テーマにするだとか)
「ブログが何か書きにくいなあ」という方がいれば
ぜひ読んでいただきたい1冊です。

最後にまとめますと
「書く」というのは
「書き手」は自分の意見や体験、モヤモヤなどをはき出すことで癒やされ、
「読み手」はその書かれている記事の情報やその人の意見などに触れることで
「そういうこともあるのか」と納得して癒やされる。
「書く」という行為は「書き手」にも「読み手」にもメリットがあるという
まさにWin-Winの関係であり、
それをこの「武器としての書く技術」で自分が学んで
それをブログをずーっと書いているうちに実感していますので
ぜひ時間があればこの本を読んでいただいたり、
今回の記事で「ブログを書くことに対する抵抗感」が少しでもなくなれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

期間限定!副業で月収30万円、専業で年収1000万円稼げる【世界一ハードルの低い翻訳家養成講座】

 期間限定!副業で月収30万円、専業で年収1000万円稼げる【世界一ハードルの低い翻訳家養成講座】

メルマガ登録フォーム(副業で月収30万、専業で年収1000万円稼ぎたい方、翻訳で稼ぐ方法教えます!)

【在宅英語起業】1日1時間から始められる月収30万の副業、専業なら1000万稼げる在宅英語起業の情報はこちら!

【在宅英語起業】1日1時間から始められる月収30万の副業、専業なら1000万稼げる在宅英語起業の情報はこちら!

海外情報を翻訳するメディア(なんでも翻訳部。)を運営中!遊びに来てね!