各種データベースのメリット、デメリット比較

この記事は4分で読めます

以前に特許翻訳者に必要なITスキルを紹介する記事を書きましたが、
その中に知識やノウハウを蓄積し資産化する
「データベース」というものがありました。
このデータベースは複数あり、
それぞれメリット、デメリットがあるので
今日はそれについての記事を書いてみようと思います。



まず、データベースには↓のようなものがあります。
データベース


以下にそれぞれのデータベースのメリット、デメリットを
自分の把握している範囲で示してみたいと思います。


知子の情報
メリット
・ローカルディスクに保存するためサービス停止の心配が無い
・検索が早い(10万以上のカードを作っても一瞬で検索できる)
デメリット
・画像の貼り付けができない
・スマホのアプリがなくパソコンのみ
・バックアップを取る必要がある
・いろんなファイルに対応しておらず基本的にテキストのみのデータベース


Evernote
メリット
・いろんな形式のファイルを保存できる
・ワードやttxファイルなどの容量の小さなファイルのバックアップに最適
・無料(容量を増やすための課金あり)
デメリット
・クラウドに保存するためサービス停止の恐れがある
・容量が限られている
・画像を取り込むのがOneNoteに比べて面倒


OneNote
メリット
・ディスプレイに表示されている画像を切り貼りしてそのまま保存できる
デメリット
・クラウドに保存するためサービス停止の恐れがある
(マイクロソフトのサービスのためEvernoteよりは恐れが低い)
・有料
・レイアウトが見にくい


グーグルメモ
メリット
・スマホからいつでもどこでも気軽にメモを取りデータベースに保存できる
・スマホアプリの中で他のデータベース(Evernote,OneNote)に比べて
起動が早く、さっとメモできる。
・無料
・画像の貼り付けもできる
デメリット
・クラウドに保存するためサービス停止の恐れがある
(Gmailがサービス停止する可能性は低いためほぼその心配はない)



まず知子の情報についてですが、
↓のURLで購入することができ、
http://www.teglet.co.jp/tp/soft/tompro/regist.html
最大のメリットとしては
知子の情報は自分のハードディスクに保存するため
少し面倒ですがバックアップさえ取っていれば
データベースのデータが無くなることはありません。
データベースがなくなると大損害のため、
基本的には知子の情報にデータベースを取るのが一番安心
なのが最大のメリットです。
デメリットとしては
スマホにアプリがなく、パソコン上でしか操作できないのと、
基本的にテキスト形式のみにしか対応してないため
画像の保存が(できることはできるのですが)
やりにくいという難点があります。


次にEvernoteについてですが、
↓のURLからダウンロードでき、
https://evernote.com/intl/jp/
容量が小さいものなら無料で使用できます。
いろんなファイル形式に対応しているため、
例えばワードファイルやtxtファイル、tradosのttxファイルなどの
容量の小さいファイルのバックアップをするのに適しています。
例えばこれがハードディスクにバックアップする場合だと
同じファイル名のものがどんどん増殖されていくため
サフィックス(ファイル名001、ファイル名002)をつけて
保存するのが面倒ですが、
Evernoteの場合新しいノートに自動的に保存してくれるため
同じファイル名でもガンガンバックアップをとることができます。
デメリットとしてはサービス停止の可能性があることと
容量が限られており、容量を増やすためにお金がかかること、
下に書くのですがOneNoteに比べると
「画像の保存」がしにくいという点が挙げられます。


次にOneNoteですが、
Microsoft OfficeでOneNoteが付属しているもの
を買えば使用できます。
最大のメリットとしてはディスプレイ上の画像を切り取って
そのままデータベースに保存できるところです。
↓のような付属ソフトがついていて
OneNote
「画面の領域」というのを選択して
↓のように範囲を選択すれば
semiconductor
選択した範囲を画像としてそのままデータベースに
指定したところに保存してくれます。
場所の指定は↓のような感じでやります。
OneNote1
デメリットはサービス停止の可能性があることと
ちゃんとした機能を使おうとすると有料であること
(Evernote、グーグルメモは無料で使える)、
(自分としては)レイアウトなどがEvernoteなどに比べると見にくい
というのがあります。


最後にグーグルメモですが
メリットとしては
スマホからいつでもどこでも気軽にメモを取ったり
画像を貼り付けたりできることです。
スマホアプリにもEvernoteやOneNoteはあるのですが
グーグルメモに比べて起動するのが遅く(3~4秒くらいかかる)
グーグルメモは1秒もかからずに起動するため
思いついたらすぐにメモを取ったり
気に入ったページがあればすぐにコピペして
全文貼り付けてデータベースに保存できます。
グーグルメモを使うには
まずスマホでGmailを受け取れるように設定して
(設定の仕方は↓に書いてあります。
Android用
http://allabout.co.jp/gm/gc/407906/
iPhone用
http://www.ipodwave.com/iphone/howto/iphone-mail-gmail.html
保存される場所はパソコンで見ると↓の赤丸で囲ったところで、
googlememo1
スマホの「メモ」アプリを開いてガンガンメモっていくだけです。



知子の情報以外のクラウド型データベースには
サービスの停止の可能性があります。
サービス停止の可能性としては↓のような感じではないかと思います。
高い Evernote>>>>>>>OneNote(マイクロソフト)>>>グーグルメモ(Gmail) 低い
昔GoogleReaderといういろんなサイトを登録しておけば
まとめて見れるサービスがあったのですが停止した前例があるので
もし心配ならば全て知子の情報に
集約するのが安心ではないかと思います。
ただGmailがサービス停止する可能性は低いと思いますので
自分はグーグルメモを一番よく使っているという感じです。


こんな感じでデータベースには
知子の情報、Evernote、OneNote、グーグルメモというのがあり、
(他にも自分が知らないだけであるのかもしれませんが)
自分はスマホでいつでもどこでもデータベース化できる
グーグルメモを一番よく使いながら
他のデータベースも
Evernote→小さなファイルのバックアップ
OneNote→画像の切り出し、貼り付け
知子の情報→データベース集約
という風にメリット、デメリットに合わせて
使い分けているという状態です。
まだまだ自分も全てのデータベースを使いこなせている
という感じではないですが、
今回の記事が少しでもお役に立てば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

期間限定!副業で月収30万円、専業で年収1000万円稼げる【世界一ハードルの低い翻訳家養成講座】

 期間限定!副業で月収30万円、専業で年収1000万円稼げる【世界一ハードルの低い翻訳家養成講座】

メルマガ登録フォーム(副業で月収30万、専業で年収1000万円稼ぎたい方、翻訳で稼ぐ方法教えます!)

【在宅英語起業】1日1時間から始められる月収30万の副業、専業なら1000万稼げる在宅英語起業の情報はこちら!

【在宅英語起業】1日1時間から始められる月収30万の副業、専業なら1000万稼げる在宅英語起業の情報はこちら!

海外情報を翻訳するメディア(なんでも翻訳部。)を運営中!遊びに来てね!