仕事の稼働率を上げるためのフリーランスの健康管理〜ブルーライト対策編〜

この記事は3分で読めます

フリーランスの健康管理シリーズということで
今回はパソコンやスマホなど
翻訳者としては長時間向き合わざるをえない
機器から出ている人体に悪影響を及ぼす
「ブルーライト」対策として
自分が実践していることを紹介して
記事にしてみたいと思います。

参考リンク
PC・スマホのブルーライトの恐怖!対策はあるのだろうか?
http://utukusikitikyu.seesaa.net/article/434837589.html

ブルーライト対策としては色々あるのですが
究極のブルーライト対策として
「ディスプレイを変える」
というのがありますので
今回はそれをメインに
記事を書いてみたいと思います。

まず、
なぜ自分がブルーライト対策を考えようと
思ったかというと、
特許翻訳者になるために勉強していた間
勉強記録をつけていた時期があったのですが
その時に気付いたのが
勉強時間が短いというか勉強して疲れる
のはだいたい「長時間パソコンに向かっていた時」で
ただ単に紙の資料や本を読むだけなら
かなりの時間1日の間に勉強できるにもかかわらず
パソコンに長時間向かっていると
勉強時間も少なく、疲れやすいことに気づきました。
そのことを
大学教授を目指している友人に相談したところ、
「MACのRetinaディスプレイというのが
疲れにくくて良いよ」
という情報を教えてくれたので
まず手始めに古くなっていたiPadを
iPad1からRetinaディスプレイに対応しているiPad4
に変えてみました。
すると、
それまでビデオをiPadで長時間見ていたら
頭痛がしたり肩こりをしたりしていたのが
RetinaディスプレイのiPad4で見るようになってから
頭痛や肩こりはしなくなり、
より長時間ビデオを視聴できるようになりました。

参考リンク
世界が認めたretinaディスプレイの凄さ ~簡単解説~
http://matome.naver.jp/odai/2134852077310496401

この経験から自分はRetinaディスプレイのすごさ
を体感した自分は
「これはパソコンもRetinaディスプレイにすれば
翻訳の稼働率=年収も上がるのではないか」
と考えて
パソコンもRetinaディスプレイ対応の
MACBookProにしてしまいました。
今はMAC上でVMWareというソフトで
Windowsを動かして仕事をしています。
(MACでWindowsを動かす方法については
またブログ記事を書きます。)
明らかに目や体に対する負担が軽くなって
仕事してもそこまで疲れなくなりました。
(電気屋さんで確認したところ
今のところ(2016年7月現在)
Windowsではこうしたディスプレイは
出てないらしいです。
これから出るかもしれないので
Windowsの方が良いという方は
要チェックですね。)

61G8EYySJdL._SL1000_

(画像をクリックするとAmazonに飛びます)

MACBookProにブルーライトカットのフィルムをつければ
よりブルーライト対策が完璧になります↓。

415IL3qRZXL

(画像をクリックするとAmazonに飛びます)

もちろんスマホ(iPhone)やiPadにも
ブルーライトカットフィルムを貼っています↓。

81EqOm-vurL._SL1500_

71IJfOujlOL._SL1000_

(画像をクリックするとAmazonに飛びます)

あとのブルーライト対策としては
・ブルーライトカットメガネ
自分は「JINS」というメーカーの「SCREEN」
というメガネを使っています↓。

41KEmBIsvpL

(画像をクリックするとAmazonに飛びます)

自分はファミレスやカフェなど外で仕事をすること
も結構多いのですが
このメガネだとそこそこおしゃれなので
外で付けていても全然違和感がないので
重宝して仕事するときはいつも付けています。

他には
・ブルーライト対策用の目薬

61qQnzwWCJL._SL1000_

(画像をクリックするとAmazonに飛びます)

あと
このブログ記事を書こうと思って
自分がネットサーフィンをしてて
見つけたのでまだ使ったことないのですが
「F.lux」というブルーライトを低減させる
アプリケーション(フリーソフト)があるらしいです↓。

Win/Macのブルーライトをカットできるフリーソフト「F.lux」があればPCメガネは不要かも?
https://watanabemitsutoshi.com/bluelightcut-pc-flux

自分もこれを機会に使ってみようと思います。

こんな感じで最後にまとめますと
フリーランス翻訳者の健康管理として
「ブルーライト対策」をするかしないかで
稼働率=年収も変わってくるので
その対策として
・ディスプレイを変える(究極のブルーライト対策)
・ブルーライトカットフィルム
・ブルーライト対策用メガネ
・ブルーライト対策用目薬
・ブルーライト対策用アプリケーション
というのがあり、
翻訳者は仕事上どうしても
パソコンと長時間向き合わないと行けないため
ブルーライトから受ける健康被害は
計り知れないものがあると思いますので
この記事で紹介したブルーライト対策を
少しでも実践して
健康管理に役立てていただけると幸いです。

PS.
こうした健康管理は
あまり神経質になりすぎて
気にしすぎると余計にストレスになったり
しますので気分転換がてらに
健康管理に役立つものはないかと
検索してみて気軽に実行するのが
良いと思います。
健康管理を意識しすぎてストレスになるというのでは
本末転倒だと思いますので
気軽な気持ちでやるのがコツだと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。

期間限定!副業で月収30万円、専業で年収1000万円稼げる【世界一ハードルの低い翻訳家養成講座】

 期間限定!副業で月収30万円、専業で年収1000万円稼げる【世界一ハードルの低い翻訳家養成講座】

メルマガ登録フォーム(副業で月収30万、専業で年収1000万円稼ぎたい方、翻訳で稼ぐ方法教えます!)

【在宅英語起業】1日1時間から始められる月収30万の副業、専業なら1000万稼げる在宅英語起業の情報はこちら!

【在宅英語起業】1日1時間から始められる月収30万の副業、専業なら1000万稼げる在宅英語起業の情報はこちら!

海外情報を翻訳するメディア(なんでも翻訳部。)を運営中!遊びに来てね!